07
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

販売時説明義務の緩和は必要か?

今日はちょっと真面目な話です。

先日ちょっとだけ触れていた『犬猫以外の小動物の販売時説明義務の緩和』の件ですけどもね、動物ライターで一級愛玩動物飼養管理士でもある大野瑞絵さんとそれに賛同する同士の方々が分かりやすくかつ読みやすいページに仕上げてらっしゃいます。


  ・販売時説明義務の緩和に反対するwebsite


こちらではペットをお迎えするにあたってどんな説明を受けたかなどのアンケートも募集して居ります。
掲示板等も設置されてますので、ご意見や感想などございましたら是非書き込んで下さい。
勿論、賛同して下さるのであれば署名も募集して居りますので、同じ様な考えをお持ちの方は是非署名にご協力下さい。

一般市民が政府に訴える効果のある手段の一つが署名かと思いますので。


減って来たでつ



ワタクシ自身は現状法が制定されているにも関わらずおざなりに近い状態で放置されているのに何故緩和しなければならないんだろうと思ってますので、基本的には緩和は反対です。
自身の意見も持ってますので署名させて頂きました。
※「署名」と言うものは特に自分の意見なども持たず何となくしてしまうものではありませんし、危険です。よくよく考えてご参加下さい。



命を「商品」として売るので当然ながらコストの面は軽視できないのが売り手の心情ではあると思うのですが、かといって生き物を易々とその辺の雑貨の様に売ってしまうのもどうかと思います。
でも現状はそういう場が多い。
500円~1,000円で買えてしまう商品(動物)にいちいち何十分も時間を避けないと言う気持ちは分かりますが、せめて最低限の事はその個体がその個体として生きていく上で必要な情報だけは説明すべきではないでしょうか。

そういった更なるコスト面も踏まえての整備を見当するなら兎も角、なんで元に戻る様な事するんだろう。
長年訴えてやっと決まった折角の法律なのに。


うま1



エキゾチックアニマルと言うカテゴリーは飼育法があまり知られていない、ともすれば売ってる側もどんな生態だかよく知らないなんて恐ろしい事があるカテゴリーですが、せめて入荷した「商品」の事くらいは種類、生態、飼育環境くらい説明できる様になって欲しいです。

販売店側に言うならば、飼育書を飼育キットに加えてちょっと割安で販売すると言うのもアリかと思います。
購入側に言うならば、もっとその「生物」の性質を知ってから飼って欲しいと思います。


よく知らずに「可愛い」と言う理由だけで迎え入れ、飼いきれなくなって放置したり遺棄してしまったりと言う話も聞きます。
「野生」を強く持つ動物ならば「一生懐かない」なんて言う覚悟も必要なのですよ。
実際「懐かないから要らない」、「飽きたから要らない」なんて言うのは言語道断ですが、悲しい事に割とよく聞く話です。


昨今では人間の子供にも当てはまってしまうこれらの惨事。
まあ人間の話はさておき.....(^^;)


ぼ~


これは動植物全般に言える事ですが、勝手な理屈で「自然に還す」なんてのも全くあり得ないです。
農業などで人間の管理の元に植物の種を持ち込むのとはワケが違います。
苗などを持ちこく時だって、土壌菌などの検査はとても厳しいそうです。
それはそこに存在しない生き物達であって、放つ若しくは逸走などで繁殖などしてしまえば生態系をも崩しかねないから。
なによりも動物達にとっては何が外敵かも分からず、食べ物も無く、適応できずに死んでしまう率だって高い。



ちょっと話が大きくなりましたんでね、元に戻しますが、そんなこんなでどちらが可哀想か考えた時にまず人間側の勝手な理由で愛玩動物として飼うのであれば終生飼養が最低条件な訳ですよ。
どうしても理由があって飼いきれないのならば、新しい飼い手を募る手段はこのご時世いくらでもあります。

こうした理由で飼いきれなくなったり、自然の摂理以外の誤った飼育法で病気や怪我をしたり死んでしまったりしない為のガイドラインが販売時説明です。


書面でも済む事は小さな小冊子を配ったりPOP表記したりでも構わないと思うんです。
オススメの飼育書を店頭に並べるのも良いでしょう。
最近はこう言った努力をなさってるペットショップもどんどん出て来てます。

ワタクシ個人の意見とすれば、コストばかり重視し過ぎて生き物を生き物として展示、販売できないのであれば売ってはならないと思います。
「生き物として」と言うのは「ただ生きていれば良い」と言うものではありません。


ぱいんでち2


まあ小冊子などは個々の店で用意するなんてそれこそ経営コストに響くので、政府がこう言った事に関する専門チームを招集して編集するのもアリなんじゃないかと。

税金は是非そう言う所に使って頂きたいですね(笑)





で、大野さんのHPではワタクシの拙い文章より数倍分かりやすく書かれてますので是非多くの方に読んで頂きたいと思います。
現状で知らない事が意外と有ります。
読むだけで良いと思います。
こういう署名やアンケートなどに参加するのに抵抗がある方は参加しなくても良いと思いますし。
大野さんのブログなども合わせてご覧になることをお勧めいたします。


出来るだけ多くの情報が集まるに越した事はありませんので、もし何らかの情報をお持ちで書き込み可能でしたら「ショップでこんな経験をした」、「こんな現状を目の当たりにした」などの情報を掲示板に書いて差し上げて下さい。

ご賛同下さって広めて下さる方は、HPにバナーを配布しているページがございますのでそちらをお持ち下さればと思います。



ぎんといちご6




個人的には売り手も買い手も需要があるならば好きな動物を販売し、飼えば良いと思うんですよ。
その動物がその動物本来の生き方に可能な限り近い状態若しくは代用できる環境で生きて行けるのであるならば。
※ハムスターであれば、必要な栄養素が得られる飼料が手に入り、好きな時に好きなだけ給水が出来、空調を管理できる装置があり、適度に身を隠す場所があり、広い範囲を走り回る生き物なのである程度の広さのケージに回し車を設置したり危険の少ない室内をある程度の時間自由に散歩できるなど。
そして何か異変が起こった時にすぐに相談できる獣医師が居るならば。



日本人社会のあらゆるペット(生き物)に対する意識が平均的に向上します様願って居ります。




              http://blog-imgs-32.fc2.com/y/u/r/yurulohas/hantaiH165165.jpg" alt="hantaiH165165.jpg" border="0" width="165" height="165" />">hantaiH165165.jpg

スポンサーサイト

No title

まっっったく同感です。署名もさせていただきました。
ペットを迎えることは、死に水を取ることでもあります。その覚悟のある人が増えるといいですね。

No title

この説明義務緩和の件、私も他で目にしました。
あまりに多くの小動物を殺処分にしなくてはいけない現状に小動物販売禁止の法案が出ているアメリカの諸都市と全く反対の方向。
ゆるさくさんのおっしゃるような条件でなら生き物を売ったり買ったりしても良いというのはまんまドイツの法律ですね。
本当にそれだけのことができないならば、命を預かる資格はないと思います。

No title

命に重いも軽いもありません。
今この状況でさえ、目を覆いたくなるような
ショップが多いです。
これ以上緩和なんて・・自分自身に置き換えたら
出来ないはずですが・・。

No title

署名してきました。TBさせて下さいね~。

No title

v-22今回もコメント有り難うございます!
こう言った系統の記事などはとっても苦手なタイプなのですが、やはり何かしらの手段でこう言った状況を世に伝えて行く立場にありますので不味いながらも記事を書かせて頂きました。
少しでも多くの方に法律云々よりもまず「現状」がどうであるかを知って頂きたかったのですよ。
そこからやはり緩和すべきでないと思われる方がいらしたらお願いしたいな...と。
今よりも少しでも生き物達と人間がお互い楽しく幸せに暮らる世の中になったら良いなと思います。

ではお返事~(^^)ノ


>バビ 様
ご賛同有り難うございます!
一部ではファッションになりつつあったりもしてるオソロシイ世の中ですよね。
現状などを聞くと昔家畜(食用)として飼っていた頃の方がもっと生き物として「普通」の状態だったのではないかと思ってしまったりもします。
守ってやるなんて大層な事は出来ないですが、みんながちょっとずつ意識を変えるだけで双方が暮らしやすくなると思うのですよね。

>あが 様
>>この説明義務緩和の件、私も他で目にしました。
おお、広がってますね!
これを機にちょっとでも考える機会を持ってくれる方が増えるのを願うばかりです。
人間ばかりが住み良い世界でもちっとも素敵じゃない!と思うんですよね。
人間社会に置ける人間関係の希薄さが他の動物達への皺寄せとして起こってる気がしてなりません。
人間関係が円満だとその輪の中に居る動物達って幸せそうなんですよね。
生き物ってそう言うもんなんだと思います。
片方だけが幸せじゃダメなんですよ。

TBの件有り難うございます!
心強いですm(_"_)m

>あかりん 様
>>命に重いも軽いもありません。
そうなんですよね。人間だって数多の生き物達の環の中に居るのに。
可愛いからと連れて帰るのも結構、最初は知らない事もあるのは当たり前。
ただそこを補うべくあれこれ調べたり本を読んだりしてお迎えした生き物の事を知って接して欲しいと思うんです。
そして日々よく観察してその子達を知って欲しい。
そして売る側はその為に必要な情報を提供してあげられる場であって欲しいと思います。

No title

どうやってコメントしようかと悩んだけど、書いても書いても自分の言いたいことが書けない…。

記事を書くのはもっともっと大変だったでしょうね…。

こういうことって、書いていると(考えていると)問題の大きさに圧倒されてしまう部分あるよね。でも、この問題に限らず例えば飢餓問題などでも同じだと思うけど、「今自分にできること」をとにかくやるんだってことが大事なんだよね。

ごめん、やっぱり何度も書いては消し、してしまうんで、情けないけど今回はこれだけにする。

ゆるさくちゃんの思いはしっかり読んだからね、という意思表示です。

U^ェ^U

遅くなりましたけども・・署名して来ました。。
いい方向に行ってくれること・・願ってます。。

No title

v-22お返事その2です!コメント有り難うございました!!

>ボスコ 様
ホントに、こういう事って妙な押しつけ感のある記事になると嫌ですし、考えが偏るのも嫌なのでかなり悩みつつも書きました。
なので文章もちょっとおかしいかも...です(^^;A

根本的な所はやはり人間としてどう生きるかだと思うんですよね。
でもそこまで語り出すときりがないし収集付けられないし。
広く意見があって然りなのでまあ多くの方が見てある程度自分の中で考えて頂く機会になれば...と思いました。

読んで頂けただけでも有り難いです!!

>大根 様
ご賛同下さって有り難うございます。

何とも難しい、一つの意見だけではまとめられない話なのですが、例えば数式の様に幾つ見方や方法があっても答えは同じであって欲しいなと思うのでした。

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もったいない!不用品を処理するならヤフオクで

ボロボロになって悩み続ける自分との訣別 こんな事があってからです・・・ 「このま...

小動物の販売についての懸案事項

カボチャ重さ当てクイズ実施中 ご参加はこちらへ! 今までのヒント 1 今年は去年よりも重い! 2 10月7日の写真 3 今のところす...

怪人アンサー関連の情報

今日は、寒いこれからの寒い主さんもワンコも参加します。寒いので飼いP4すべり台。寒い寒い寒いったらありゃしないどうも露天風呂にも挑戦したけど、風もなく全然寒くもなくいつも強風で寒い寒いの覚悟で気持ち着きがなくて恥ずかしい夕食で気持ち良く浸かって入れない...

プロフィール

お越し下さって有り難うございます! 熱烈放置系ブログです。不定期更新ですがご了承下さいませ。 けけけけけ決してサボってるわけでは...ゴニョゴニョゴニョ 色んな意味でゆるいブログをどうぞよろしく(笑)

ゆるさく

管理人:ゆるさく
めんそ~れ~♪
主にTwitterに出没中です。(アカウントもyurusakuです)
のんびり更新ですがどぞよしなに〜('▽`)ノ

お知らせ

拙ブログ内コメント欄に於ける鍵コメは非表示設定となって居ります。
努々ご了承下さいまし_(_"_)_

ポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

ただ今何人目?

こよみ(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のTB

QRコード

QRコード

小梅&黍が参加してます!

175頁オールカラーでハムずの写真も満載!!

@あーまーぞぉーん


ハムスターを飼い始める方にオススメの一冊。飼うにあたっての基本的な事が書かれています。じっくり読んで良い所も悪い所も把握してからお迎えしましょう。


しっぽのあるネズミの専門書が出ました!!ハムスター用ではありませんが、共通する内容も見受けられて参考になると思います。
何よりもネズミ達の写真が堪らなく可愛いです♪


獣医さんで処方される動物のお薬の事が詳しく載っています。主に犬猫ですがエキゾチックアニマル向けの項目もあります。
薬の与え方なども載っていてとても役に立つ一冊だと思います。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Ads by Google

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる